エネルギー「持続可能なエネルギー供給に向けて加速」

エネルギー問題は、今後数十年間で世界的にみて最も大きな課題であり、それは化石燃料を元にしたエネルギーシステムから持続可能な代替エネルギーへの移行を意味します。これからの時期は、異なる化石燃料と持続可能なエネルギー源を組み合わせたハイブリッドエネルギーシステムが中心となるでしょう。TNOは、技術的、非技術的両面におけるイノベーションを使用することで、持続可能なエネルギー供給への完全な移行に向けて加速していきたいと考えています。

私たちは、企業や政府から技術や知識を提供するよう要請されています。すでに長年に渡り、持続可能なエネルギーシステム、そしてその過程としてのハイブリッドエネルギーシステムについて研究を重ねてきました。当機関が2016年9月に出版したエネルギービジョン2030「持続可能なエネルギー供給への加速」では、いかにハイブリッドシステムが持続可能な未来につながるかを物語っています。そこでは、2020年、2030年そして2050年に向けて国内、EU内および国際的に合意されたすべての気候目標を達成するために、オランダにはどのような機会が存在し、どのような行動が必要とされているのかを指し示しています。

強いオランダの立場

オランダはエネルギー移行において、重要な役割を担うであろういくつかの強みを持っていると考えられます。オランダの戦略的な地理、高度なインフラ、海洋、洋上および化学といった優位な分野、天然ガスにおける長年の知識と経験、異なる領域を超えて協働してきた伝統などを考えてみてください。オランダの役割は、特に持続可能エネルギーの輸送、転換、貿易の分野にあります。また、北海の大規模なエネルギーインフラの建設、管理、メンテナンスも好機を提供するでしょう。化石エネルギー原料におけるオランダの優位な立場を持続可能な応用の技術およびインフラのために利用し、それによってエネルギーの移行を加速させなければなりません。

不可欠な協働

国内外の、そして異なる領域をまたぐ知識機関、企業、政府と協働することは、エネルギー移行を行なう上で不可欠であるといえます。TNOとしては、当機関の試験所でイノベーションをサポートしますが、またフィールドラボや生きた試験所として実施をサポートしていきます。これらすべてが、目標である移行をより加速させるでしょう。

さらに詳しくお知りになりたい場合はウェブサイトの英語ページをご覧ください。