防衛&安全:「私たちは知識と技術を安全のために使用します。」

繁栄と福利を享受するためには、社会が安全で、そこに住む人々が安全だと感じることが不可欠です。防衛&安全部門のマネージングディレクター、ヘンク・ゲフェケは、この安全を支える人々を支援することが重要だと考えています。「それが防衛であれ、警察、消防、または産業界であれ、私たちは日々私たちの安全のために専念している方々に貢献できるイノベーションを創出するため、持てる知識と技術を投入します。」


安全とは物理的な安全やデジタル面でのセキュリティーを含み、現実とその経験にも関わっています。現代の敵は国境を尊重することはなく、また一体誰が敵なのか明らかでないことも往々にしてあるのです。ヘンク・ゲフェケは以下のように述べています。「そのため国民に最良の手段を提供し、その手段、彼ら自身やチームからベストな状態、能力を引き出すお手伝いをすることが重要なのです。」

防衛&安全分野において、以下の4つの分野の技術革新と行動革新に焦点を当てています:

  • 軍事作戦&人的要素:効果的、効率的そして柔軟な軍隊
  • 情報&センサーシステム:高度の情報収集能力を通じた軍事的利点
  • 国家の安全:新しい知識、新しい応用
  • 保護、軍需品および兵器:軍隊および装備の保護

さらに詳しくお知りになりたい場合はウェブサイトの英語ページをご覧ください。

研究分野

Henk Geveke, DRS(ヘンク・ゲフェケ修士)

お問い合わせ
Eメール