飼料組成のイノベーション

TNOは、動物の飼料やペットフードの分析ツールの開発にも積極的に取り組んでいます。大手の飼料メーカーを支援する中で、TNOは数々の高性能なソリューションを確立しました。

化学物質の飼料から動物性食物への移動

飼料中の化学汚染物質や残留物は消費者リスクを高めることは認識されていても、飼料の汚染物質や残留物の挙動に関する知識の欠如は、正確な評価を妨げます。多くの汚染物質の飼料から食品への移動は、定量化されていません。TNOは原料から動物性食物への化合物特異のトランスファーファクターのデータベースを開発しました。

データベース由来のトランスファーファクターの使用は、最悪のシナリオによるアプローチに比べて、より現実的なリスク評価を可能にします。仮に情報がほとんどなかったとしても、同等の化学薬品のためのデータを使って科学的に打ち出されたトランスファーファクターを引き出すことができます。汚染物が検出されると、汚染の影響を受けやすい動物産物を同定できます。トランスファーファクターの適用は、リスク管理のための迅速な意思決定をサポートします。

飼料組成物の安易なテスト

鶏は多くの場合、腸の感染を患っていて、成長遅延や家禽肉生産の現象につながります。飼料メーカーは動物の健康を促進するか、病気を予防する飼料組成の開発を目指しています。しかし、健康面での飼料組成による利点をテストすることは容易ではありません。

TNOは動物の腸内微生物を解析することにより、飼料の組み合わせの健康への影響をスクリーニングする方法を開発しました。腸内微生物叢は、たとえば感染にかかわる有害な微生物を防止することで、消化管の健康を維持するのに重要です。我々はたったの1日で飼料の数百の腸内微生物への影響をスクリーニングする基盤を作りました。この方法は飼料を最適化する目的で利用可能で、家禽のみならず、他の家畜動物、ペットやヒトにも適用できます。

天然の代替抗生物質

子牛における微生物感染は業界に大きな損失をもたらします。病気予防に抗生物質を飼料に添加してきましたが、EUでは2006年以降禁止されており、他国でも同様の傾向があります。代替物質の探求を続ける飼料業界を支援する中、TNOではウェルシュ菌や大腸菌などの病原体を阻害する、潜在的に生物活性をする化合物を特定します。数百の天然成分のスクリーニングは有効な手法と証明され、家畜のみならずヒトの代替抗生物質にも適用されています。