TNOの研究

TNOの食品・栄養部門では、食品業界が消費者のニーズに先立って健康で安全かつ革新的な食品を提供できるよう、さまざまなプロジェクトを通して最先端の開発を手がけています。構築された情報やノウハウをもとに、技術と知識の産業における応用開発をサポートします。

食と健康

食の健康への影響の簡潔、迅速かつ正確な測定法を開発します。消化器系や生理機能の側面を分析する独自のモデルをもとに、食品成分の健康との因果関係を解明する情報を提供します。

 生理学的な腸組織モデル

 複雑な微生物叢の分析

 健康の定量化と食による回復

 栄養研究でのバイオマーカー

 遺伝子と栄養 

 健康強調表示の立証

 飼料組成のイノベーション

 

食の安全

迅速に複雑な食品の安全性を評価できるよう、独自の方策を確立しています。アレルゲン性の効果的な検査、食品への異物や混入物の排除、原材料や製造工程での汚染に早期介入します。

 アレルギーのリスク評価

 食の安全性とリスク評価

 食の微生物学的コントロール

 EUの規制関連業務

 

素材開発

原材料の改善(糖分、塩分、脂肪分、添加物)、製造プロセス(特定成分の分離、乾燥、印刷技術)、品質の向上(風味、食感、保存期間)の包括的なアプローチに取り組んでいます。

 より自然な食品保存方法

 多食感を持つ食品の貯蔵寿命

 食品成分の多角的な改善

 クリーンラベル―化学添加物の除去

 3Dフードプリンター

 藻類の持続可能な活用

 代替タンパク源の開発

 ラクトースを除去した乳製品

 粉末状食品の印刷技術

 廃棄物の付加価値化