生理学的な腸組織モデル

TNOは腸壁における微生物や栄養素、医薬品の吸収と転移を研究するため、生理学的に関与したモデルInTESTine™を開発しました。
腸管の形態や機能は、十二指腸から大腸にいくにしたがって、粘液層の厚さや絨毛の高さ、密着結合の細孔径、輸送体や受容体および代謝酵素の発現レベルなどが変化しています。InTESTineシステムでは、豚*の腸組織をふたつの区画に取り付けることで、様々な生理的プロセスを研究することができます。このシステムはUssingチャンバー技術を元に開発され、高処理能力を持ち、標準化された培養条件を設定できることも特徴です。
*この実験のみを目的とした動物の殺傷は行っていません。

特徴

InTESTineは、化合物の輸送、転移や相互作用を十二指腸、空腸、回腸、結腸と複数の部位で同時に研究できます。粘液層のおかげで、消化されたサンプルの腸でのプロセスが分析でき、微生物が混在する状況でもしない状況でも実験できます。Caco-2細胞と比較して、経口投与された化合物の吸収、代謝、食物と薬物の相互作用、食品微生物の働きを研究するのにより優れています。

他の実験との組み合わせ

InTESTineは以下の技術と組み合わせて研究することが可能です。
  • 胃腸管システム(TIM)
  • 満腹ホルモンの放出(例:GLP-1, GLP-2, PYY, CCK)
  • 早期の免疫反応の研究
  • 遺伝子活性の解析(トランスクリプトミクス)
  • 新たな研究モデルの開発