栄養研究でのバイオマーカー

栄養研究では、バイオマーカーは体内における食品成分の分子レベルのメカニズムと恒常性への影響の関係を理解するために使われています。バイオマーカーは、複雑な体内の生物学的システムや特定の食品の摂取に対する反応を解明するのに役立つ、多重パラメータシステムの要素なのです。そのため、バイオマーカーの変化は表現型や分子レベルで他のパラメータに関連して解明され、翻訳や個人レベルの適用に効果的です。
生物学はシステムレベルで、バイオテクノロジーや臨床ケアへ最大限の適用をするべきとTNOでは考えています。大規模な学術界および業界でのネットワークを生かし、産官のパートナーと共に既存のバイオマーカーを応用したり、新しいバイオマーカーを発見、検証、開発するプロジェクトに幅広く取り組んでいます。
 
TNOは昨年およそ300のバイオマーカー関連の欧州コンソーシアムに参加し、年々新たな知見の応用を促進しています。TNOの研究開発技術は栄養、医療、バイオテクノロジー、化学、ヘルスケアと多岐にわたり、特に代謝性疾患で知識や技術の有効利用を進めています。
 
TNOのバイオマーカー研究開発プロジェクトの手順は一般的に、試験デザインから始まり、バイオマーカーの分析、発見、検証を通して製品のバイオマーカー試験の原型を作る流れを取っています。
 
もっと詳しくみる(オランダのTNOサイトへ)