健康の定量化と食による回復

TNOでは健康を定量化し、食品の健康促進効果を確立する画期的な方法を開発してきました。食物が身体機能を維持し、健康状態を維持あるいは改善するために不可欠ということは、広く認識されています。しかしながら、食物は多様で複雑な成分組成があり、健康への効果を立証することは困難なのです。

健康を測定

WHOは健康の定義を外部要因による一定の変化に適応する能力とし、今日の目標は健康を測定することとしています。これは表現型の柔軟性もしくは回復力と呼ばれ、健康を定量化するために使われています。身体への負荷に影響する外的影響は第一に食物と生活習慣ですが、同時に病原体や他のストレス要因の影響が含まれます。

プロジェクト

本テーマはTNOの一研究プロジェクトとして、食品の健康に及ぼす影響を測定することを目的に現在取り組んでいます。この成果を発表、公開することで、健康を宣伝文句にした商品表示の法規制が、食と健康の研究に受け入れられるような概念を構築していくことを念頭においています。
 
食品の健康への影響は非常に微妙な要素を持ち合わせるため、介入試験による負荷試験の開発は重要な構成要素です。TNOで近年、開発され一般化された負荷試験を用いて、以下の項目が実現できます。
  • 食品の介入研究をもとに表現型の柔軟性を評価できる証明
  • 健康を評価し、健康から疾患への転換期を予測するバイオマーカー 
  • 機能性食品を摂取することによる健康への効果を測定