ラクトースを除去した乳製品

乳製品の中でもラクトースを含まない製品の市場は増加中で、高いポテンシャルを有しています。乳糖不耐症の人は世界人口の一部を占めており、臨床製品における乳成分の利用が制限されています。乳タンパク中のラクトースの除去は膜技術を用いることで可能になりました。吸着ラクトースの除去は、乳タンパク質の完全性や機能性を維持しながら選択的にラクトースを除去できる適切な代替手段です。
TNOは脱脂乳やその濃縮物から乳糖を除去するための吸着プロセスを設計しました。吸着剤の事前選択に基づいて、吸着等温線を測定しました。ラクトースを含まない乳タンパク質の生産は、移動床技術(SMB)を適用し、オーダーメイドの生産ラインを産業スケールでモデル化することによって実現されます。

投資利益率

モデルの効果を算出した結果、より高価な吸着剤を用いることの効果が実証されています。しかしながら、高価な吸着剤のコストもより高い生産性によってオフセットされることも利潤計算より明らかです。