フードプリンター

好きな食べ物を魅力的な形、味、食感と理想的な栄養バランスで食べることを想像できますか?それは個々のニーズや好みに基づいた、将来のキッチンなのです。

立体プリンターは物体が層ごとに形成される革新的な製造プロセスです。コンピュータ設計をもとに印刷技術を用いて、あらゆる形を生み出せるのです。過去数年、TNOはこの技術を食品への適用に向けて調査開発し、複数の材料を用いた立体構造食品の将来性を切り開きました。
食品加工における研究の多くは、既存の技術を改良し、または効率アップを目指し、生産プロセスの部位ごとの交換を目指しています。より大胆な夢を実現すべく、食品の製造工程全体の改良を図る際、このフードプリンターは注目される技術です。

斬新な構造

フードプリンターは出来上がる食品の形状のみならず原料構成、構造そして味にも自由度を与えます。
新しい構造を作り出すのに、一般的に従来の原材料の使用が可能です。しかし、TNOは代替原料への切り替えも視野に入れ、藻類や昆虫を原材料とした栄養成分も開発中です。
性別、ライフスタイルや健康状態ごとの味や食習慣の差は、食品のパーソナライゼーションの基礎になります。食品組成、密度や構造を食べる人の好みに合わせて調整できるマス・カスタマイゼーションは、柔軟なコンピュータシステムを製造時に用いることで低コストで実現できます。

プロジェクト・パフォーマンス

TNOはパフォーマンスと呼ばれる食品の印刷プロジェクトを通して、咀嚼や嚥下の問題を持つ高齢者向けに、パーソナル・フードの自動製造工程の構想に取り組んでいます。

パートナー

この新技術の可能性を広げるため、TNOで多分野を統合した開発に取り組んでいます。私たちは食品業界や産業向けおよび家庭向け食品印刷機器のビジネスパートナーを探し続けています。