より自然な食品保存方法

消費者はより長いシェルフライフすなわち貯蔵寿命、および優れた品質と‘天然成分’を使った食品を求めています。このような希望を叶えるため、TNOでは食品の特性を失うことなく貯蔵寿命を延ばす技術を提供しています。
食品の貯蔵寿命はその原料の組成、品質、生産工程、包装および貯蔵条件に依存しています。たとえば細菌や真菌などの微生物は、食品の腐敗の重要な原因です。そのため、微生物が食品内で成長できる環境条件があるかを知ることが腐敗防止に不可欠です。食品の調整方法がこの環境条件に影響します。主な要因は、使用される酸や水分活性です。

ゲノム解析

TNOで開発された微生物のゲノム解析ツールは、成長への影響がまだ確認されないうちから密接に微生物の反応を観察するのに大変有用です。特定の転写応答はそのようなバイオマーカーの分析のための定量PCR分析に翻訳することができます。このアプローチによって食品保存の合理的な設計を可能にします。自然な保存、人工添加物を使わない長期保存に微生物ゲノム解析が応用できるのです。