2017.02.23

3月7日セミナー&懇談会:食と創薬の微生物学的イノベーション

3月7日の弊機関の微生物学者Dr. Frank Schurenによるセミナーのご案内です。

セミナー&懇談会:食と創薬の微生物学的イノベーション

主催:   TNO オランダ応用科学研究機構
共催: 特定非営利活動法人 CeFIL/DBIC
日時: 2017年3月7日(火)14:00-16:00
場所: 特定非営利活動法人 CeFIL / DBIC(東京都港区虎ノ門2-8-10 虎ノ門15森ビル2階)
参加無料、要事前登録

【主旨】

TNOの微生物学・システム生物学研究グループでは微生物と宿主・摂取した食薬の相関性をシステム生物学的に研究することで、各国の最先端企業・研究機関と共に、企業出資またはオランダ政府・EU出資の研究開発コンソーシアムを多数主導しています。今回のセミナーでは2つの課題、ひとつはヒトの微生物叢のハイスループット・スクリーニング解析と、摂取成分・微生物・健康状態の相関性の解明および商業的活用に向けた課題、そしてふたつめは菌類の腐敗や細菌胞子を対象に食品素材の天然の保存方法と微生物発酵の新たな応用方法を取り上げ、研究概要をご紹介します。また参加者の皆様を交えたディスカッションも予定しております。

【スピーカー略歴】

Dr. Frank Schuren      Senior Scientist Integrator, Microbiology & Systems Biology Group at TNO
After receiving his PhD at Groningen University in 1987 on the molecular biological analysis of fungal development and postdoc on genetic transformation systems in filamentous fungi both in Groningen and at the ETH Zurich in Switzerland, he joined TNO in 1996. At TNO he started the implementation of microarray technology in applied microbial research. This included the development of novel diagnostic tools to enable the discrimination between closely related bacterial strains such as the Legionella chip and the analysis of complex microbial populations such as the intestinal microbiota. Schuren also developed strategies for analyzing the immediate responses of microbes or microbial populations towards multiple stressors.

【プログラム】

13:30             受付開始
14:00-14:10   始まりの挨拶(DBIC小西)
14:10-14:20   TNOの紹介(西出)
14:20-14:50   講演1:Effective microbiota screening platform(Schuren)
14:50-15:00   休憩
15:00-15:30   講演2:Microbial food safety & food spoilage(Schuren)
15:30-16:00   懇談:研究コンソーシアムの魅力(参加者を交えて)

Dr. Schurenによる講演は英語で行われますが、日本語解説を適宜入れます。

【お申込み方法】

3月3日(金)までにメールで以下の連絡先までご連絡ください。ご要望・ご質問も承ります。
定員30名(希望者多数の場合、一社につき一人とし、ご参加をお断りすることもございますので、ご了承ください)
 
【お問い合わせ】
西出 香 Business Development Manager, TNO Food & Nutrition Japan
電話:080-7944-2151     メール: kaori.nishide@tno.nl