2016.12.22

セミナー案内:食品3Dプリンタに求められる材料・技術と業界動向

TNOは世界最先端の食の3Dフードプリント技術を持つ研究機関として、食のバリューチェーンにおける市場展開と今後の方向性を説明します。

セミナー案内

【日時】2017 年 2 月24 日(金) 13:20~16:40

【会場】 ちよだプラットフォームスクウェア4F 401 会議室

受講料 49,000 円(税込) ※ 資料代含 * メルマガ登録者は 44,000 円(税込) * アカデミック価格は25,000 円(税込)

【主催者】CMCリサーチ

 

演題

1.3D プリンタの食品加工への応用と新食品開発の未来

古川英光 氏  山形大学 大学院理工学研究科 教授

 

2.世界の食品3D プリンティング市場の動向と業界

 

西出香 氏   TNO オランダ応用科学研究機構 ビジネス・ディベロップメント・マネージャー

 

プログラム詳細・申込用紙はこちら

セミナー対象者

 3Dプリンタと食品に興味のある方、食品業界(素材メーカー・健康食品・嚥下食・プリント機器・中食・外食産業)の研究開発・事業開発・戦略室、消費者モニター、食の法規関連の方

セミナーで得られる知識

 ① 3Dプリンタを食品へ応用した最新の取り組みと実用例
 ② 3Dプリンタ技術を活用した新食品開発の未来展望
 ③ 欧米における3Dフードプリント技術の開発と市場の展望
 ④ 国内企業や消費者がすべきこと